野菜不足解消や栄養補給に役立つ青汁とは?

野菜不足解消や栄養補給に役立つ青汁とは?

青汁は体によいイメージがありませんか。野菜不足の解消ができて、1杯でたくさんの栄養を摂れそうですよね。

 

たしかに、青汁は野菜不足を補うのに便利だし、野菜の栄養を摂ることができます。しかし、製品によっては野菜不足の解消にならなかったり、栄養があまり含まれていないものがあります。

 

野菜

 

健康のためと思って飲んでいたのに、栄養が摂れていなかったらがっかりしますよね。どんな青汁が野菜不足解消や栄養補給に役立つのでしょうか。

 

原料

 

青汁の原料によくつかわれるのがケールや大麦若葉です。

 

ケールは野菜の王様といわれていて、カルシウム、マグネシウム、βカロテン、食物繊維などを豊富に含んでいます。ケールのカルシウムは吸収がよいといわれています。大麦若葉は大麦の若葉20〜30cmほどの部分のことです。カリウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、食物繊維などを豊富に含んでいます。ケールよりもまろやかで飲みやすいです。

 

こういった栄養価が高い素材を使用していると、栄養価が高い青汁ができます。その他にも長命草、モリンガ、クロレラ、スピルリナなども栄養価が高いです。キャベツなど栄養価が低い野菜を使用している青汁もあるので、原材料を確認しましょう。

 

加工方法

 

青汁には冷凍タイプと粉末タイプがあります。冷凍タイプは絞った青汁を急速冷凍しているので、青汁の栄養素がそのまま残っています。粉末タイプは加工の段階で食物繊維などの栄養素が失われます。

 

冷凍タイプでも一度解凍したものを放置したり、再度冷凍して保存すると栄養価が損なわれます。粉末タイプはフリーズドライ加工のものが栄養素の損失が少ないです。

 

栄養成分表を確認

 

食物繊維レタスの○倍、ビタミンA人参の○倍など書かれているとたくさん栄養が摂れる気がしますよね。しかし、実際にはあまり栄養が含まれていないことがあります。レタスはもともと食物繊維が少ないので、レタスの何倍との商品説明があってもあまり食物繊維は多くないのです。

 

宣伝に惑わされず、栄養成分表を確認しましょう。

 

色々なメーカーの青汁を試してきましたが、私はえがおの青汁とふるさと青汁が良いと思いました。味もおいしいですし、価格もそこまで高くないので無理なく続けられると思います。