ブロッコリーを食べればアンチエイジングから生活習慣病予防まで

ブロッコリーを食べればアンチエイジングから生活習慣病予防まで

ブロッコリーには非常に多くの栄養素が含まれていますが、特にビタミンCの含有量が多く、キャベツの3倍以上ものビタミンCが含まれています。

 

 

ビタミンCには美肌効果やダイエット効果、骨を丈夫にする効果、精神障害を緩和する効果などの他に免疫力を高める効果もあるので、ブロッコリーを食べれば様々な病気の予防につながります。ただし、ビタミンCは熱に弱いという特性があるので、ビタミンCを効率良く摂取するには長時間加熱しないようにしたり、細かく切らないようにしたりして、なるべくビタミンCが流出しないようにすることが大切です。

 

 

また、ブロッコリーにはビタミンA前駆体のβ‐カロチンも豊富に含まれています。β‐カロチンは体内に吸収されるとビタミンAに変換されますが、ビタミンAには皮膚を保護する効果や粘膜の抵抗力を高める効果などがあるので、ビタミンAを摂取すれば美肌効果や感染症を予防する効果などが期待できます。

 

 

このようにブロッコリーにはビタミンCとビタミンAが豊富に含まれているので、風邪の予防にうってつけの食材といえます。また、ブロッコリーには葉酸も多く含まれていますが、葉酸は新しい赤血球を作り出す際や細胞が新生する際に欠かせない成分なので、妊婦には必須の栄養素とされています。

 

 

妊娠中に葉酸が不足すると胎児に先天性異常が発生するリスクが高くなるので、妊娠中にブロッコリーを積極的に食べればこのリスクを抑えることにつながります。また、ブロッコリーにはスルフォラファンという成分も含まれていますが、スルフォラファンには強い抗酸化作用や解毒作用があるので、ブロッコリーを食べればアンチエイジング効果やガンを始めとする様々な生活習慣病を予防する効果も期待できます。

 

 

スルフォラファンは脂溶性なので、油を使って調理したり、ドレッシングをかけたりすると効率良く摂取することができます。その他にも、ブロッコリーには黄斑変性を防ぐ効果や紫外線から目や皮膚を守る効果などがあるルテイン、抗酸化作用があるグルタチオン、アレルギー症状を抑える効果があるα-リノレン酸なども含まれています。